数日前に、最盛期のバラの季節は、遠くまでバラの香りが漂うと書いたら、
体験してみた~い♡というメッセージをいただきました。

しかし香りはロマンチックなのですが、バラ畑に向かうとき、
みすずローズファームの者はもちろん、
来訪者はすべて完全武装して挑んでいます。

なぜなら・・・

焼酎につけたら精が出そうな、こやつが出没するからです。

蝮!!毒蛇 マムシ!!

この写真のやつ、ずい分太い!

無農薬有機露地栽培ですから、もちろん地道に草むしりをします。
バラの根元などは、特に繊細な場所なので、丁寧に作業します。

草をむしっていきなり遭遇したり、
土手を歩いていきなり遭遇したり、山の中なので、危険度大。

長靴、長ズボン、長そではもちろん、
手は特に危険なので、軍手にゴム手袋の二枚重ね。

不意の遭遇で噛まれても、ダメージが最小限で済むように、
細心の注意を払っているのです。

ある意味命がけ。

なので、とっても可愛い花と、素晴らしい芳香の中、
日焼けと虫除けのための帽子もかぶり、
その出で立ちはまさに農夫!!

世の中にはオシャレな農業コス(表現正しい?)の方も
いらっしゃいますがみすずローズファームでは
実用性100%コスで挑んでいます。