みすずローズファームで一番多く栽培されている

『ローズ・ド・メイ』という品種は、ダマスク系のオールドローズです。

 

オールドローズの定義は諸説ありますが、

通常は 1867年に最初のハイブリッド・ティー(二種類のバラを交配したもの)

『ラ・フランス』が発表されたより前に栽培されていた品種のことをいいます。

 

今、多く出回っているバラの花はほとんどが、このハイブリッド・ティーなんです。

オールドローズは改良のもとになった品種ということですね。

 

古くから南フランスでは香料の原料としてたくさん栽培されています。