ローズウォーターは、精油を蒸留するときの副産物です。

アランビック式蒸留器を使って蒸留していますが、
とれる精油は非常にわずかで、大変に貴重なものです。

今作っているバラ畑で、今一番栽培品種が多いダマスク系の
『ローズ・ド・メイ』は、この方法だと、実は精油の収率が悪いのです。

ではなぜ『ローズ・ド・メイ』を育てているのか。

実は初めにダマスク系のバラの苗木をいくつか植えて育てたところ、
畑のある鈴鹿山ろくの気候に一番適した種が、
この『ローズ・ド・メイ』だったというわけなんです。

『ローズ・ド・メイ』から精油をとるには、
アブソリュートという、溶剤抽出法が一般的ですが、
溶剤を使いたくないと、
みすずローズファームはハイドロ蒸留で抽出しています。

そして化学物質を一切使わず、
ローズウォーターも防腐剤などの添加物は一切入っていません。

なのでアブソリュートは試したことがありませんが、
みすずローズファームの主に頼んで、
一度は挑戦してみたいと思っています。